会長挨拶

~~ 2019年度 役員・委員長 抱負・所信 ~~

 森口 充啓

■会長 L.森口充啓

令和元年、新たな年号で当クラブは結成45周年を迎える。

周年は通過点にすぎないが、過去を精査し、未来を考える良い機会ととらえる。

目的を考え、みんなで力を合わせ チョット無理をして楽しく事業を遂行したい。

結果、活性化が増し魅力あるクラブとなり、会員増強に繋がり 正の連鎖が始まる。

 名張ライオンズクラブ スローガン

『目的と手段を考え We Serve』

-今やらなくて、いつやる。あなたがやらなくて誰がやる。-   

  ≪具体的目標≫  

       1.ライオンズの原点・スピリッツを理解した上で、

        ニーズに合った活動を推進する地域と共に奉仕活動を実行する。

       2.能動的活動をする

       3.知性を高める

       4.友愛と相互理解の精神を養う

       5.少ないお金で大きな効果

 

 ≪基 本 方 針≫ 

    ①GATを理解し、正の連鎖を築く

       会員勉強会の実施

       若手会員の研修会への積極的参加

       会員資質向上(モラル向上)

    ②青少年の健全育成

       薬物乱用防止教室

       ランドセルカバー配布と学童交通安全

       「野球教室」の実施

     ③臓器ドネーション推進・社会福祉

         献血活動及びドナー登録推進への協力

        障害者スポーツ大会への協賛・参加

 

    ④環境保全

        東山公園桜への保守整備

        ソーラー型街路灯の市内整備

        165号線小波田の啓発塔看板整備「薬物乱用防止宣言都市」

    ⑤LCIF

        MJF及びキャンペーン100(モデルクラブ申請済)を合わせ、

        「$10,000」を目標とする。

        クラブシェアリング(クラブ還元交付金)の有効利用

        資金獲得事業の促進 (市イベントに参加)

    ⑥アラート(ネットワーク構築及び備蓄品整備、共助参画)

        数回のワークショップで体制を構築・提案賛同を得る(特にCABへ)

        有事の時、共助のリーダーシップ的役割を担う(防災士育成)

    ⑦その他(クラブ内)

        広島OSEALへの参加